フリーダイヤル:0120-070-529

肥料の話

 そもそも自然に生えている雑草は肥料を与えなくても勝手に育ちますが、なぜ野菜を育てるためには肥料を与えるのでしょうか。

 野原では落ち葉や動物の糞が、土の中の微生物によって分解され、土に返ります。これが雑草の養分となり、再び雑草が育つというように、自然の循環が行われています。

 一方の畑では、育てた野菜は収穫し、雑草も除草してしまうため、自然の循環が行われず、不足してくる養分を補ってあげる必要があるわけです。

 「肥料」には大きく分けて「有機肥料」と「化学肥料」の2つがあります。

有機肥料とは、米ぬかなどの植物性有機物や、魚粉などの動物性有機物を原料にした肥料のことを指します。

 有機肥料は、じわじわと効果が現れ、肥料の効果が長いと言われています。また、土壌中の微生物の種類が増え、土が柔らかくなります。

ただ、土壌微生物に分解される過程で、ガスや熱が出るため作付けまでに時間が必要であり、化学肥料より価格が高いという面があります。

 化学肥料(化成肥料)とは、鉱石や空気中の窒素ガスなど、自然界に存在する無機物を原料に化学合成した肥料を指します。

 化学肥料は、速効性があり成分量がはっきりしているので肥料を与える量の調節が容易で労力が掛からないのが特徴です。ただ土壌改良には使えず、化学肥料だけを使っていると、土壌の有機物が減り、土が硬くなるという面もあります。

化学肥料だけに依存し有機物の還元を怠ると、土壌は硬く締まりすぎて空気の流れが悪く、根が十分に張ることができず貧弱になると言わています。

こうなってしまうと、根は土の中の広い範囲に微量に含まれているミネラルを吸収することができなくなり、化学肥料のお世話になり続けなくてはなりません。

また、化学肥料は水に溶けやすく、畑に投入した半分ほどは地下水や河川にながれて、環境汚染にもつながると言われています。

化学肥料と農薬の関係

 化学肥料を多用してしまうと作物に窒素分が多くなります。この窒素分が多い状態の野菜を虫は好み、この虫を農薬で駆除しようとする循環が生まれてしまいます。

 産直クラブでは、基本的に有機肥料を使い、農薬にも極力頼らずに栽培された新鮮なお野菜をお届けします。